記事一覧

 週末~9日までの様子

 なぜかは知りませんが毎回満席釣行の時は
平凡な釣果(一般的には十分な釣果ですが…)になりやすく、
お客様が極端に少ない日に限ってとんでもない爆釣になるという
嫌がらせ以外の何ものでもない結果になるというここしばらくの週末。

お客様の少なかった9日日曜日は
小鯖に邪魔されつつ、それを食うブリ・ワラサに荒らされつつ
先述した事例通りに真鯛爆釣という結果になっておりました。
写真が少ないのは撮影者自ら真鯛釣りまくって
ひゃっはー!!状態だったためで・・・スミマセン。

 - - - - -

潮が元に戻り、澄み潮で
表層水温も真夏状態26℃だったので
スッテ仕掛けでアカイカ(シロイカ/ケンサキイカ)試してみましたが
小鯖以外カスリモシマセンデシタ。
テスターの腕が悪すぎるためかもしれませんね!

 求ム人柱(と書いてお客様と読む)!! 
 (正直ツリカタワスレチマイマシタヨト)

 …精神的ダメージが回復したらまた試します。

 - - - - -

今週は週末土日に連休で
ありがたいことにすでに満席日もありです。

潮汐表で潮周りを見ると平日ですが
水曜日が環境的に非常に好条件で
まだ空席があるのでお勧めです・・・天候以外。

このまま梅雨明けしそうな気配。

  • 2017年07月10日(月)04時09分

 と、いうわけで…

 わけわかりませんが
釣果写真の通りでアホかと思うほど真鯛が釣れました。

もちろんほかの魚もいつものように釣れていましたが
あまりにも真鯛の釣れっぷりが異常すぎてびっくり。
平日でお客様は少なく多くはいませんでしたが
船中3桁は軽くいっていたのでは?と思います。
自分とアベさん2名竿2本だけでも
xx枚ですので・・・ウヒ。
しばらく続くとありがたいのですけどねー
世の中そんなにうまいこといくとは思えないですけどw

 - - - - -

中越あたりまでアカイカ釣果がぽつぽつ出始めているので
そろそろ真鯛狙いからイカスッテ(ツノはだめですよ)に
自分の釣りをシフトしてみようかなと思っています。
とても潮が早いのでこの潮に乗って
近日の集中豪雨の濁りがとれるとともに
バーンと登場するのでは?と考えています。


通常の魚用の仕掛けなどと違って
イカ釣り関連用品は釣れ始めると物凄い勢いで
品切れになりやすいです。
比較的高額でメーカー供給が遅い製品が多いので
昨年を思い出して出来るだけ早めの購入をお勧めします。
釣れ始めてから乗船当日に
買い物にいって揃えるとかでは手に入らないことが多いです。
本当に。

 - - - - -

週末土日は今回日曜日のお客様がいるので
三連日での出船となります。

だれか僕のかわりに…ナンデモナイデス

  • 2017年07月06日(木)17時06分

 火曜日、マダイ爆釣の巻。

 土砂降り&川のような流れ&泥濁り&ゴミであかんやろコレ
…と思いましたが、結果は現状今年一番の大釣りでした(謎)

貸切船・乗合船の二艘出船で自分は貸切船に。
表層が真水(泥水)に押され川のような速さで流れるため
アジ釣りの皆様はアユの友釣りでもしているような
傾き状態での投入となっていました(笑)
こんな状態でしたが結果的には爆釣で
飲食する暇もないような釣れ行きとなり
今季初の一人(餌釣り)で2桁釣果で真鯛が釣れたり
サビキでも誘いさえすれば真鯛が上がるなど物凄いことに。
パッと見は酷い状態の海でしたがびっくりです。
相当食い気のある群れがいたようでありがたや。

水曜日の今夜も同じように出船ですが期待大です。

  • 2017年07月05日(水)13時06分

 月末~月初め

 6月~の週末土曜日は
環境になんらかのケチがつく呪われたような日々でした。
毎週末になると荒れて出船できなくなったり
出船できても土砂降りや高いうねりに翻弄されたりで
疲れてグッタリです。

30日と1日の釣果は平凡な釣果で
同じ船に乗っていてもお客様によって大きく違う結果がでており
個々人の腕の差が大きく出た釣行でした。
人によっては大漁ですが
隣で似たようなことをしているのに釣果は
とんでもない差が・・・というような状況でした。

具体的には揺れに対しての備えと対応、ほかに
状況判断が出来ているいないが大きかったようです。
例年であればほとんどの場合、底付近を叩く様に誘う程度で
アジが釣りあがるのですが
今年は底にいないことが多く、ほんの2~3m程度棚をあげ
手持ちで誘うだけで雲泥の差が出ることが多いです。
魚の居場所(棚)は、スマホや専用機で
探見丸を見ているだけで判断できる部分なのですが
確認しながら釣る方は少なく、差が大きく出ていました。

ほかに悪条件下では
タックルの差による部分も大きく出ている模様で
投入するだけで釣れるような環境では気付きにくいですが
悪い状況を僅かでも緩和できる道具・タックルがあると
悪環境ではとても大きな差になることが多いです。
ロッドを手持ちにするだけでも全然変わるのですけどね。
・・・現場でアドバイスしても馬耳東風、なかなか厳しいです。

 - - - - -

最近聞かれることが多いのですが
ショートロッドをやたらと使っているのは
釣り座の揺れ(ピッチかロール)に合わせ仕方なくであって
ショートロッドがよく釣れるからというわけではありません。
揺れの跳ね上がりを最小限にするための苦肉の策です。
ちなみにショートロッドはダイワの電動タイラバ向け製品です。

 - - - - -

今週は火・水・金・土と出船です。
火曜日は貸切便と乗合便があります。

海水温がいよいよ夏の水温に近づき
上越周辺までアカイカの釣果が確認されています。
今年は昨年以上に数が多く大漁とのことなので
順当にいけばあと1~2週間で釣れる可能性が出てきました。
目安的には梅雨明けですねw

  • 2017年07月02日(日)18時47分

 27・28日の様子

 寒暖差激しいです。
北風以外ならこんなに気温は下がらないと思うのですが
日が落ちた後は肌寒いです。
ほぼ天気予報の気温通りですが
風のために体感気温はぐっと下がっています。

火曜日は貸切便、水曜日は乗合便で出船。
火曜日は大サバに船が囲まれ、水曜日はサバが全くおらず
代わりにワラサ・ブリに囲まれて
良い感じで皆様疲れていらっしゃいました。
アジ・マダイはいつも通りですが
タイラバの釣果が伸びているようです。
ただし、釣れる人とそうでない人の違いがイマイチわかりにくいので
現状具体的にどうなのよ?という説明が難しいです。

内容的にはタイラバの色選択と巻上速度
あとは船の揺れを体や足で吸収して
ロッドに揺れの影響を与えないくらいでしょうか?
あとは飽きずにひたすらガマンの巻き上げでしょうか・・・キツイ。

サビキのおもり替わりにタイラバを使用して
両方備える方もいて釣果もあるのですが
サビキ仕掛けは細く切られるリスクがあるので
完全にロスト前提の運用になります。
あと釣り座とその日の潮流によっては
オマツリ連発もあるのでご注意ください。
他のかたに迷惑をかけない限りは
やっていただいて問題ないですので
なるべく乗船人数の少ない平日出船でのチャレンジをお勧めします。

  • 2017年06月29日(木)11時50分

 出船時間変更

 明日、28日水曜日の出船時間は都合のため
 18時 の通常出船となっていますのでご注意ください。

  • 2017年06月27日(火)07時05分